第9回 乗越チューリップ祭り 開催決定

「第9回 乗越チューリップ祭り」開催します

2月19日(水) 10:00-16:00

毎年恒例となりました富山県高岡市産のチューリップのイベントです。今年も高岡市のJunBlendKitchenさんとJA高岡さんのご協力のもと たった1日ですが開催となりました。

チューリップ農家さんが育てた切り花が 約50種1500本以上 ずらりと並びます。
どれでも1本200円です。

高岡のチューリップは100年の歴史があり 品種が多くて花持ちもよく 独自品種を作る技術も持ち合わせています。これは全国でも珍しい産地です。昔ながらの100%土耕栽培にこだわり 富山特有の鉛色の空の中で豊富な水と土の恵みを吸収し育った花は奥深い発色を生み出しています。

第9回を迎えるこのイベントは そもそも高岡の花が高品質で主に東京方面へ出荷されるものの 近隣県ではこの貴重な産地を知っていただく機会が無いとJA高岡から相談をうけたJunBlendKitchenさんが当店にお話をくださったことが始まりです。

これまで想定外の沢山のお客様にご購入いただきました。高岡のチューリップの周知と 今後はより花屋や花市場で高岡の花の取り扱いが増えること そして花農家の仕事に興味のある若者にもお客様の笑顔が届くことが着地点と思って 微力ながら毎年開催して参りました。
農家さんが1年かけて育てた特殊品種やオリジナルや稀少で多彩なチューリップをぜひご覧くださいませ。

そして2/19日はJunBlendKitchenさんのFOODなどもご用意します。持ち帰りもできます。乗越のカフェも通常営業いたしますので どうぞお腹をすかせてお越しくださいませ。

駐車場は2台分ありますが 当日は満車になりやすいです。近隣にコインパーキングはございませんので...

Read more

1月17日 (金)

「第9回 乗越チューリップ祭り」配送のお知らせ

今回も富山県高岡市の花農家さんが育てたチューリップの配送を承ります。

高岡市は昔からチューリップを生産しており その品質の良さを近隣県にも知っていただきたいからと乗越にてチューリップ祭りを始めて今回で9年目です。富山といえば絶景の北アルプス立山連峰。その水が豊かな土壌を育み チューリップの発色の良さやのびのびとした発育に出るといいます。ぜひ お礼品やギフトにも高岡のチューリップをご利用くださいませ。

[お届けできる期間]
2020年1月17日~3月29日 時間指定も可能です
生花なのでお届け日はご指定いただくこととなり 受取人様が確実に受け取れるお届け日を指定願います。なお一日の承り件数を超えた日にちは指定できなくなりますので 決まり次第早めのご依頼をお待ちしています。

[配送料金]
全国一律 1200円 (ラッピング代込)
チューリップは1本200円です
九州・北海道・離島へは承ることが出来ません

[お支払い方法]
ご来店 又は お振込み

[ご依頼方法]
ご来店 又は お電話ください
📧→ norigoe.tulip@gmail.com からも受付できます

[チューリップのご希望]
以下よりどれかお選びください
・希望なし(その時の一番新鮮なチューリップから選んで作ります)
・できるだけいろんな種類をまぜまぜで色はお任せで
・種類は少なくても色を指定する〔〇〇〇色系で〕

[備考]
・伝票の出荷元は富山県高岡市のJunBlendKitchenとなりますゆえ お受取人様にご不安を与えぬよう配送伝票の表書きにご依頼主様の氏名のみ記入させていただきます
・交通状況の乱れなどで指定時間にお届けできない場合もございます

その他...

Read more

12月14日 (土)

「金沢百工 あたらしい金沢の工芸100」参加します

「金沢百工 あたらしい金沢の工芸100」
2020年1月15日(水)~20日(月)
阪急うめだ本店 9階 祝祭広場にて

金沢に住み、金沢で作る。
金沢にはおおぜいの作り手がいます。その数は2000人とも言われ、伝統工芸、美術工芸、生活工芸、工業製品など、ジャンルをまたいでさまざまなタイプの作家が層をなし、日々、コツコツと制作に向き合っています。加賀藩御細工所ができてから約400年、金沢には卯辰山工芸工房や金沢美術工芸大学が、加賀には挽物轆轤技術研究所、能登には輪島漆芸技術研究所があり、県内外、国内外から多くの人が移住し、技を学び、そのまま根付く人も少なくありません。今回ご紹介するのは、石川県に住む、こつぶでピリリな、あたらしい時代の作家たち、約100人。ときに伝統や権威がなくとも、独特の美意識や偏愛とも呼びたいほどの情熱、効率や利益を最優先にはしない志や哲学があります。自分なりの形や質感、いろあいや用途を追求する日々が、うつくしい金沢や加賀や能登での生活とともにあります。石川県に住み、石川県で作る。作られたものににじみ出る、その土地らしさを感じてください。

12月13日 (金)

「雲と、雨と、石垣と。」に参加します

「雲と、雨と、石垣と。」
11月2日(土)12:00-20:00
11月3日(日)10:00-17:00
金沢・しいのき迎賓館裏 しいのき緑地にて
詳しくは http://otomekanazawa.jugem.jp/?eid=512

金沢にはあちこちに石垣が残っています。何百年も前に生きた人びとの痕跡です。しいのき緑地からすこし歩いてゆくと、高い石垣の上に一本の木が生えています。無粋な信号機や標識は見えないふりして「昔の人も同じ景色を見ていたのかなあ」と ふっと妄想に耽ることができます。ビュンと時代を超える遺構にであえる モジャモジャと緑あふれる じまんの町。車をおいて 金沢のまちなかを歩こう。

乗越からはホットチョコレートを出します

絶景石垣前 オンザ芝生 家型テントで お会いしましょう

10月14日 (月)

「ハッチでオトメの金沢展 2019」参加しています

今年も始まりました
「ハッチでオトメの金沢展 2019」
9/6(金)~11/30(土) 7:00-23:00
HATCHi金沢
金沢市橋場町3-18
www.thesharehotels.com/hatchi

レストランやカフェを併設するシェアホテル・ハッチに 石川県うまれのいいもの&おいしいものがならびます。九谷焼・ガラス・うるし・和紙・箸・カトラリー・紙箱・アクセサリー・古本・てぬぐい・カード・時計・お茶・お菓子などなど。約70の作家やお店の品々。時々屋台?地元っ子も旅人も、ちらりと寄り道してください。

9月13日 (金)

「星空の★オトメの金沢展」参加しています

乗越からはオリジナルポーチやボールペンを販売しています
どうぞお立ち寄りくださいませ

「星空の★オトメの金沢展」
2019年8月8日(木)→8月18日(日)
10:00-21:00
SAKE SHOP 福光屋 玉川店
(玉川髙島屋S・C 南館地下1F)
「乙女の金沢展」が始まって早12年。月日はめぐり、星はめぐり、干支もひとまわり。12年目も、福光屋の地元・石川生まれの品々が揃います。伝統工芸品や雑貨、バッグにアクセサリー、古本や小冊子。お酒はもちろん、パンに焼菓子、調味料やお茶、その他いろいろ。壊れても直して長く使いたいもの、安心でおいしいものばかり。加賀&能登のつくり手の志を感じにいらしてください。

8月14日 (水)

乗越ペン第8弾の新作が入荷しました

ネーミングですが 第1弾から順に 緑化促進→客室備品→EXILE→スウェーデン土産→ナンバーワンホスト→事務職→裏事務職 ときて今回は「グレーゾーン」にしました。「グレーって大事よねぇ」と思いながらお使いくださいませ。

6月15日 (土)

開店して8年になりました

今年も乗越の夏みかんが実り 今はもう次の白い蕾をつけてくれています。いつも支えてくださる皆様のおかげで 今年もさわやかな気持ちの良い季節に 節目のときを迎えることができました。感謝を申し上げます。これからもどうぞご贔屓にお願い申し上げます。

5月16日 (木)

「乗越オリジナル ポーチ2019」できました